なぜ自律神経が大切なのか?
そもそも自律経ってどういうもの?


自立神経は、心臓や腸、胃、血管などの臓器をコントロールする大切な神経で、言うまでもないくらい美容や健康の基礎となっています。 「交感神経」と「副交感神経」が、綱引きのように働いて(交感神経がアクセル、副交感神経がブレーキの役割と喩えられます)臓器をコントロールしています。

血管を例にその働きを見ると、交感神経は血管を収縮して心拍数や血圧を上げ、副交感神経は血管を拡張させて心拍数や血圧を下げようとします。 この2つの働きがうまくバランスをとるので、丁度よい心拍数、血圧となり血流も良好な状態となり美肌、美髪に導けるのです。

緊張する状況では、副交感神経に対して交感神経が優位となり、心拍数や血圧が上がります。その興奮状況が長く続くと身体に過剰な負担がかかりますますが、夜間など副交感神経が優位になると、心拍数や血圧は下がり、落ち着き、リラックスして状況になります。

交感神経のアクセルを踏み込むと血管が収縮して心拍数や血圧が上がり、気持ちが高ぶってアグレッシブルな方向へシフトします。一方、副交感神経のブレーキを踏むと、血管が拡張して心拍数や血圧が下がり、気持ちが落ち着いてゆったりリラックスする方向へシフトします。

この交感神経と副交感神経は両方とも高いレベルでバランスよくキープ(wellbarance)されているのがベストです。両方ともハイレベルで安定しながら、日中は交感神経が少し高いくらい、夜間は副交感神経が少し高いくらいになるのが理想的です。


自律神経のバランスが崩れると・・・


【交感神経が優位になった場合】
交感神経のアクセルばかり踏んで、副交感神経のブレーキ機能をすっかり落としています。現代人に最も多いパターンです。仕事や家事、人間関係のストレスなどから、一日 中イライラ、ピリピリしています。

こういう状況が続くと血流が悪くなり、免疫力が低下して病気や皮膚トラブルに見舞われやすくなります。また仕事や家事などでも、一生懸命がんばっているのに結果が伴わず、心身ともに疲弊していってしまうことが少なくありません。

【副交感神経が優位になった場合】
副交感神経が高くとも、交感神経が低い状態はよくありません。アクセルの利きが悪く、いつものろのろ運転になってしまいます。 この「のんびり屋さんタイプ」の人は注意力緩慢で不注意なミスを起こしがちなのです 。7人にひとりの割合でいるとされ、うつ病に陥りがちな傾向もあります。

【交感神経副、副交感神経ともに低い場合】
交感神経、副交感神経のバランスがよくても、両方ともレベルが低いのもだめ。ストレスの多い生活や寝不足が続くと両方の働きがダウンしてしまうケースがあります。 このタイプの人は大変疲れやすく、やる気や覇気が感じられず、いつもぐったりしている傾向があります。アクセルもブレーキも働きが落ちているため、少し車を動かしただけでも疲弊してしまうなです。なので自律神経のバランスが大切、でも私たちはその大切さに気づいていません。。


自律神経はコントロールできます


カラダリセットクラブの温熱整体マシンは使用前、使用後とで自律神経を整える効果が得られます。交感神経優位傾向にある現代人の下がりっぱなしの副交感神経を引き上げ、交感神経と副交感神経とも両方ともハイレベルで安定した状態をキープできる方法があります。


温熱整体マシンによる自律神経の調整効果

59歳女性(自律神経の改善例)

59歳女性(自律神経の改善例)

60歳女性(自律神経の改善例)

60歳女性(自律神経の改善例)

26歳女性(自律神経の改善例)

26歳女性(自律神経改善例)

34歳女性(自律神経の改善例)

23歳女性(自律神経の改善例)

23歳女性(自律神経の改善例)